読書『チーズはどこへ消えた?』

読書

数年前にベストセラーとなった本ですが、今更ながら読んでみました。

文章は平易でページ数も多くないため、あっという間に読み終えることができます。しかし、そこで語られるのは、当たり前のようで難しい、単純なようで奥が深い、人生への向き合い方です。読む時間以上に、読んだ後に自問自答する時間が長くなる。そんな本です。

30歳を過ぎて公私共に変化が大きくなり始め、どのように進んで行くべきかの選択を迫られる機会が増えてきたと感じている私には、なかなかグッと来る一冊でした。自分はホーになれるだろうか。私にとってのチーズは既に消えてしまったのだろうか。それとも今まさに消えようとしているのだろうか。そもそも私にとってのチーズは何なのだろうか。私はこの本に出てくるホーのようになれるだろうか。何度も読み返しながら、じっくり考えてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました