インデックス投資のススメ

インデックス投資

インデックス投資をしよう

 以前に以下の記事でも述べましたが、私はインデックス投資を資産運用のコアにしています。

 貯蓄から投資へ、ということが言われ始めてずいぶん経ちますが、身の周りの人に話を聞いてもまだまだ資産運用に取り組んでいない人が多くいます。資産運用の代表格といえば株ですが、

  • 仕事や生活が忙しくて、資産運用に多くの時間を割けない
  • そもそもどの企業の株が上がるかなんて予想できない
  • せっかく株を買った会社が倒産して大損するのが怖い

などの理由から投資に手を出すことを躊躇している人が多いです。しかし銀行預金ではろくな利息が付かず、年金の減額リスクやグローバル化の更なる進展など将来の見通しもつけにくいこのご時世、資産運用をしないこともまたリスクではないでしょうか?先ほど挙げた問題や不安を解消しつつ資産運用ができる方法があったら良いと思いませんか?その有力な手段が、私がおすすめするインデックス投資です。

インデックス投資とは

 インデックス投資とは、その名の通り「インデックス」に対して投資をするものです。ではインデックスとは何か。

インデックス=市場全体の動向を示す指標

 日本の株式市場で言えば、日経平均株価やTOPIXが代表的なインデックスです。もちろん日本だけでなく、米国株式の株価指数であるS&P500などもありますし、先進国すべての株式市場に対するインデックス、新興国株式に関するインデックス、債券やREITに関するインデックスなど、様々なインデックスが存在します。

メリット① 時間がかからない

 日本の上場企業は4,000社以上あります。個別企業の株への投資となると、その中からどの銘柄に投資すべきか入念な研究をした上で投資を実行する必要があります。一方、インデックス投資では 市場全体を代表するインデックスを買うだけですので 選択肢がほぼありません。せいぜい、日経平均にするかTOPIXにするかという程度です。そのため銘柄研究に時間を割く必要がまったくありません。投資した後も、個別銘柄の場合はその企業に関する重大なニュースがないか日々気にしなければなりませんが、インデックスの場合は一銘柄が全体に与える影響はごく僅かなので、個別の企業のニュースを追いかける必要はありません。

 投資を専門でやられている方や、労働時間が短くなおかつ独身である方ならともかく、多くの方は仕事や家事、育児に追われて多くの時間を投資のために割くことは難しいかと思います。そんな方々でも、インデックス投資であれば簡単に始めることができます。

メリット② 倒産しない

 個別銘柄への投資で最も怖いこと。それは投資した会社が倒産してしまい、せっかく買った株が無価値になってしまうことです。しかしインデックス投資であれば市場全体の多数の銘柄に分散されているため、たとえいくつかの会社が倒産したとしてもその影響は限定的です。

メリット③ 長期的にプラスのリターンが期待できる

 資本市場は常に拡大し続ける性質を持っています。世界ではこれまでに数多くの不景気や経済危機に見舞われてきましたが、長期で見れば度重なる苦難を乗り越えて力強い成長を続けてきています。ですので、短期での売買を繰り返すよりも、インデックスに投資して長期保有して市場全体の成長を享受する方が確実で安定したリターンを期待できます。

メリット④ 少額から投資できる

 インデックス投資は主に投資信託を利用して行います。この投資信託は100円からでも投資が可能な金融商品です。投資というとまとまった金額が必要と思う方も多いかもしれませんが、インデックス投資のために投資信託を買う場合はごく少額からでもできるのです。まずはできる範囲で、少額から資産運用を始めてみるにはうってつけです。

(2020.5.19追記)「退屈」というデメリットもあります

 ここまで良い面ばかりについて語ってきましたが、インデックス投資のデメリットもないわけではありません。2014年からインデックス投資をしてきた私が最近感じるようになったのは、「退屈」です。これはメリット①の裏返しなのですが、手間や時間がかからない分、インデックス投資を継続していくことは単調で退屈なものになってきてしまいます。これを解消する方法としては趣味に没頭するだとか仕事に打ち込むだとか人それぞれの方法があるかと思いますが、公認会計士という職業柄もありなまじ経済や企業決算、株式市場に関心を持ってしまう私にとっては、やはり投資の世界の中で解決手段を見つけたいと思いました。そこであくまで資産形成のメインはインデックス投資としつつも、全体の数%程度の金額で米国個別株に取り組むことにしました。資産運用は長丁場ですので、自分に合った向き合い方を見つけることは大事なことになると思います。

ネット証券に口座を開こう

 いかがでしょうか。インデックス投資の魅力が少しでも伝わったなら幸いです。実際にインデックス投資を始めて見ようと思った方は、SBI証券や楽天証券といったネット証券で口座を開設しましょう。リアル店舗を持つような銀行、証券会社は絶対NGです。なぜなら、手数料の面で圧倒的にネット証券が有利だからです。どこの証券会社で買っても同じ投資信託を買えば基本的には同じリターンです。しかし証券会社に支払手数料に差があると、その分だけリターンを毀損してしまうことになります。手数料は少しでも安くというのは投資の鉄則です。そしてそのためにはネット証券を利用するのが必須なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました