『天才を殺す凡人』と西野亮廣の祝辞

読書

 天才は凡人に殺されることがある

 人間には天才、秀才、凡人の3つのタイプがあり、それぞれが異なる価値観の元に生きている。創造性に富む天才は、秀才から嫉妬され、凡人からも理解されることができない結果、イノベーションを起こせずに「殺される」。

 本書ではそんな組織のジレンマと、それを解決するためのコミュニケーション方法の工夫や架け橋となるアンバサダーの存在などが、架空のベンチャー企業を舞台としたストーリー仕立で語られます。カリスマ経営者が創業したベンチャーが、大きくなるに連れて天才のカリスマよりも秀才による管理を中心にして行くというのはなんとも切ないが、リアリティーがあります。組織に属する人間であれば、大なり小なり似たような状況に出くわしたことはあるのではないでしょうか。

天才の救い方

 本書では、複数のタイプにまたがった存在=アンバサダーが、価値観の異なる天才、秀才、そして凡人の間で起きるコミュニケーションの断絶を防ぐとしています。そして「共感の神」こそが天才を救うと。このあたりのアンバサダーや共感の神といった表現については、正直なところ最初の3タイプの区分と比べるとやや説得力に欠けるというか、あまりピンきませんでした。

自分を省みて思うところ

 とはいえ、それを説明する中で出てくる「各タイプの主語の違いを意識する」、「アートとサイエンスをディベートさせてはいけない」というあたりのコミュニケーションに関する考え方は非常に示唆に富むもので、チームで働く人間として頭に入れておくべき重要な点だと思います。

 私自身、スタッフであった頃とマネージャーである今とを比較してみると、使っている主語が随分変わったように思います。昔は自分主体であったのが、徐々にチームとして、あるいは法人として、さらには会計士として、という風に主語が大きくなってきました。それと同時に、後輩たちがひどく我侭で、自分勝手なように感じることが増えてきました。これは本書の中で言及される秀才タイプと凡人タイプの対立そのものです(ここでいう秀才はあくまで気質の話であって、能力のことではありません。決して私自身が優れていると言いたいわけではない点はご理解ください)。これを後輩の意識が低いといったような上下の関係に位置づけるのではなく、軸の違いとして水平関係に捉えて冷静に理解するところからコミュニケーションしなければならないな、と反省しながら本書を読み進めました。

 また、悲しいかな、昔と比べて新しいことへのチャレンジや閃きにかけているということも最近感じています。これもまさに、自分の中の天才を自分自身が殺してしまっているということの表れであり、それを改めて突きつけられてゾッとしました。

西野亮廣の祝辞の件

 ちょうどこの本を読んでいるときに、西野亮廣氏の近畿大学卒業式での祝辞がTwitterで話題になっていました。

 このスピーチに対して色々なコメントが飛び交っているのですが、私がフォローしている方々の中では非常に評判が良くないようです。私がフォローしているのは私と同じ会計士であったり、経理財務、ファイナンス、投資等の職業の方(会計クラスタとでも言いましょうか)が多くを占めています。これらの職種は、本書の分類で言えば明らかに秀才タイプの人たちの集まりだと思うんです。それに対して、西野氏はアートを前面に出す天才タイプです。

  これって正に本書が言うところの、天才と秀才の間でのコミュニケーションの断絶なのではないかと感じざるを得ませんでした。会計クラスタの彼らにしてみれば、西野氏の祝辞は何のロジックもなく具体的な学びも無く、例え話としてすら成立していない意味不明なものにしか思えないのかもしれません。そもそも彼がドヤ顔で絵本を出したり映画を作ったりオンラインサロンに人を集めて若者から大人気でいること自体が、秀才タイプの会計クラスタ諸氏には我慢ならないようです。

 でも彼のスピーチ、そんなにひどいものでしょうか。何かを成し遂げる前には苦労をしながら耐え忍ぶことが必要なときもある、という当たり前のことを彼風に表現しようとしただけで、何か害悪のあるコメントだとは思えません。自身のオンラインサロンに勧誘しているわけでもないですし、 これを聞いていた卒業生も(例え話の巧拙には疑問を感じたとしても)不快な思いをしてはいないんじゃないでしょうか。というか、普通に良い門出のスピーチとして受け止めた人も多いのではないでしょうか。その点では東大の入学式の一件とは決定的に違います。私には今回の彼のスピーチへの批判的意見は、東大入学式から続くネット上のムードと天才への嫉妬が重なって過剰に攻撃的になってしまったために生まれた、やや危ういものに感じられました。

天才西野を認めよう

 確かに彼がやっていることはよくわかりません。なんでM-1で漫才していた人が絵本書いたりビジネス語ったり自己啓発本といわれる類の本を出してドヤっているのか、どこがそんなに魅力的なのか、我々にはよくわかりません。わからないのだけれども、多くの人から様々な批判を受けながらも色々なことに挑戦し続けて、その結果として現に多くの若者からの支持を得ているという事実はもう少し素直に評価してあげていいのではないでしょうか。

 西野亮廣はどうやら天才らしい。自分には理解できないけど。

それでいいじゃないですか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました