米国株、始めました

米国株

突然ですが、米国株を始めました。

退屈さに耐え切れない…!

 これまで、私の資産運用は以下の二本立てでした。

  • インデックス投資のバイ&ホールド
  • 仮想通貨のバイ&ホールド

 新型コロナウイルスの影響による株価の下落はモロに喰らっておりますが、十分に許容損失の範囲に収まっており、順調に運用できています。しかし損失額以上に課題となっているのが、インデックス投資の退屈さが増してきていることです。2014年からインデックス投資を始め、これまでに積み上げてきた資産額もそれなりになってきました。こうなると追加投資よりも日々の値動きの方がよっぽどインパクトが大きく、元々刺激の少ない積立作業がますますつまらなくなります。それでもぐんぐんと高値を更新していく相場のうちは、資産残高の推移をウキウキしながら眺めていれば不満は感じませんでした。ところが新型コロナウイルスの感染拡大によって市場のムードが変わってしまい、その楽しみも失われてしまいました。もちろんここで余計なことをせず、愚直に投資方針を堅持するのが賢い選択であろうことはわかっています。だけども。だけどもやっぱり退屈なんです。つまらないんです。この退屈さが気にならない人こそ真のインデックス投資家なのかもしれませんが、残念ながら私はそうではないようです。

趣味としての米国株取引

 この退屈さを何とかしたいが、FXや先物で失敗した末にインデックス投資にたどり着いた過去があるので、トレーディングや証拠金取引の類は逆にストレスを溜める結果になる可能性が高いことはわかっています。そこで考えたのが、個別株です。そもそもインデックス投資を選択した理由のひとつは、監査法人勤務中は独立性の観点から個別株取引を制限されていたことでした。しかしすでに退職しているため、改めて個別株取引について検討する余地があります(もちろん現在の仕事の関係先の株はインサイダー取引になりかねないので扱えませんが)。

 資産形成の本丸はあくまでインデックス投資としつつ、趣味の範囲で(←これ大事)個別株を扱うのが良いのではないか。個別株なら少額でも銘柄選定や決算発表など、退屈せずに過ごせそうです。情報の得やすさや企業の製品・サービスの理解の面では日本株がやり易そうにも思いますが、少額からできるのは1株ずつ買える米国株。最近のネット証券では海外株式の売買手数料もだいぶ安くなったらしい。英語の勉強にもなると思えば一石二鳥。日本株のように招集通知等がたくさん郵送されてくる面倒もないし。

 ということで、米国株、始めました。

まずは興味のある銘柄を1株ずつ買ってみる

 まず手始めに、米国会社四季報を一気読みし、関心のある企業を手当たり次第にピックアップしました。そしてそれをすべて1株ずつ購入。PER が高いか低いかなんて一旦は無視です。とにかく興味のある株は1株買う。会社によって金額もバラバラになるけどそれも無視です。だってこれは趣味だから!それにまずはさっさと1株買ってコレクション欲を満たしておいた方が、後の取引は冷静にできるだろうという気がします。

以下が購入銘柄の一覧です。

Ticker社名
ACNAccenture plc 
ADBEAdobe Inc. 
ADPAutomatic Data Processing, Inc. 
AMDAdvanced Micro Devices, Inc. 
AMZNAmazon.com, Inc.
BYNDBeyond Meat, Inc. 
DOCUDocuSign, Inc.
GOOGAlphabet Inc.
INTCIntel Corporation 
KOThe Coca-Cola Company
MCDMcDonald’s Corporation 
MKCMcCormick & Company, Incorporated
MDBMongoDB, Inc. 
MMM3M Company
MSFTMicrosoft Corporation 
NVDANVIDIA Corporation
PANWPalo Alto Networks, Inc.
PGThe Procter & Gamble Company
SHOPShopify Inc.
TAT&T Inc. 
TWTRTwitter, Inc.
UPSUnited Parcel Service, Inc.
VVisa Inc. 
VHTVanguard Health Care Index Fund ETF Shares
VRSNVeriSign, Inc.
VZVerizon Communications Inc. 
WMWaste Management, Inc. 
WMTWalmart Inc. 

 銘柄選定においては長期的な競争力のありそうな企業、革新性があり大化けするかもしれない新興企業を意識しています。但し製薬企業については大化け期待があるものの個別銘柄の見極めが難しいため、ヘルスケアセクターのETFを購入しました。

 今後は配当再投資以外は、給料日ごとにほんの少し追加投資するだけにします。一度に買うのは1銘柄として、株価が100ドル以上の銘柄なら1株、100ドル未満の銘柄なら2株か3株程度を買い付けるイメージです。

 最後に改めて強調しておきますが、これはあくまで退屈を紛らわすための趣味です!多少非合理的なことがあったとしても、趣味なのですべてOKという心持ちで取り組んでいきます。大化けする銘柄が出て資産形成にも寄与してくれたらそれは嬉しいですが、期待しすぎずに気楽にやっていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました