実はSNSが苦手だという話

雑記

 私は一応Twitterアカウントを持っているのですが、いまいち稼働が安定しません。やたらとつぶやく日が続いたかと思うと、数ヶ月もの間一切つぶやかなくなったりといった感じです。以前はFacebookのアカウントも持っていましたが、これもまったく更新しなくなりアカウント自体を削除してしまいました。

 SNSとはそもそもSocial Networking Serviceの略であって、ソーシャルなネットワーキングを提供するサービスなわけですね。で、そんな当たり前のことを改めて思い出してみると、私はそもそもソーシャルなネットワーキングを求めているのだろうかという根本的な疑問が浮かんできます。

 率直に言って、私はもともとあまり社交的な性格ではありません。知人からのLINEですら最低限の用件以外は面倒に感じてしまう私です。他のユーザーとリプライを飛ばし合って交流したいとは、正直言うとまったく思っていません。

 それに最近は何かとネット炎上が話題になるように、発言に気を付けないとすぐにバッシングが飛んできて拡散されるという恐怖があります。でも誰も傷つけない発言って難しいんですよね。自分目線で話せば意見が違う人がいるのは当たり前だし、同じ物事を冗談にできる人とできない人がいることは珍しくありません。子供の頃から「さっきの言葉で傷つけてしまわなかったかな」とか「こういう言い方すると怒らせちゃうかな」とかよく考える子供でした。そんな私がSNSの衆人環視の中で誰にも怒られないようにしようと思うと次第に口数が少なくなってしまうのも仕方のない話です。

 私がTwitterを始めたのは、同じ会計士の人たちの様子を知りたいということと、私も何か他の人の参考になるような経験等を語れるかもしれないという思いからでした。しかしどうも最近のTwitterはどんどん雰囲気が悪くなって来ている気がします。少し変な発言や間違ったことを言ったアカウントを一斉におちょくったり叩いたりしている様は、まるで小学生のいじめのようにも見えるときがあります。

 結局のところ、私はソーシャルなネットワーキングなんて求めていないんでしょう。SNS上の他者との距離感は、私には相性がよくありません。一定の距離感を保ったまま、静かに誰かの文章を読む、誰かに文章を読んでもらうというのがしっくりくるのです。

 これからはSNSは程々にして、このブログで好きなことを好きなように書き綴っていくことを考えていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました