米国個別株投資を断念します。。。

米国株

5月から趣味として取り組んできた米国株投資ですが、色々ありまして辞めることにいたしました。わずか数か月で終わってしまい、我ながら継続性がないなぁと半ば呆れているところではありますが、この数か月で個別株投資の面白さ、難しさを感じることはできました。

プライベートが忙しくなってしまった

インデックス投資の退屈さを解消したく個別株を始めて、その狙いは概ね達成できていたと思います。しかしここ最近になって妻が緊急入院・退院を繰り返す事態になり、プライベートが非常にバタバタしだしました。そんな中で保有銘柄に関するニュースがどうのこうの、決算発表がどうのこうのといったことを気にしている余裕がなく、決算発表で株価が下がっても「今それどころじゃないんだ勘弁してくれ」という状況。前提条件になっていた「退屈」が、プライベートの変化によりなくなってしまったわけです。こうなるとむしろ個別株にかける手間の煩わしさのほうが問題になってきてしまいました。

今後の対応

11月になると保有銘柄の決算発表が連続して訪れますが、まだ当面は慌ただしい日々が続きそうなことを考えると、保有銘柄の情報をフォローして適切に投資判断をしていく自信がありません。そのため保有銘柄をすべて処分し、個別株から一旦足を洗うことを決断しました。明日の寄付で売却し、引き揚げた資金は基本的にコアであるインデックス投資に移すことになるでしょう。もしかすると一部はIPO抽選に申し込むための資金余力に取っておくかもしれません。無理して毎回抽選に申し込む義務はないですし、初値で売るなら決算のフォローも要らないので、余裕のある時だけのサテライト投資として取り組みやすいイメージです。いずれにしろ今後はあまり手間かかる投資は避けるようにしていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました